スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中するのが怖い

勉強でも仕事でも、最近、集中するのが怖いんです。

休みたいな~とか、やりたくないな~という気持ちもあるんですけれども

意識的に集中することが、なんだか怖いんです。

もともと、時間を忘れて作業することは、くろすけは普通でした。

やりたくないことから逃げている気もするんですけど

でも、今の仕事に不満があるわけではないんです。

音楽を聴きながら、テレビを見ながら作業なので全然はかどりません。

考えてみたら、無音が怖いみたいなんです。

私はパソコンとの付き合いが長いので

音がないと落ち着かなくなってしまったのかもしれません。

イヤホンやヘッドホンをつけていながらストレスがかかると

こういうことも、あるのかな~と思いました。

スポンサーサイト

鎌倉文学館へ行ってみた

ゴールデンウィークの話ですが、鎌倉文学館に行ってみました。

文学はぜんぜん詳しくないのですが、憧れみたいなものはあって。

源氏物語の特設展がありましたが、そちらはあまり分かりませんでした・・・。

常設展として、鎌倉ゆかりの文学が開催されていました。

鎌倉は物心ついたときから行っていたので、あまり特別な土地とは思っていませんでした。
大人になって歴史を学ぶにつれて、すごく歴史的に意味のある地域だったんだな~と感じています。

文学者としては、ノーベル文学賞を受賞した川端康成について展示もありました。

名前は知っていたのですが、鎌倉だったとは知りませんでした・・・。

建物は洋館で、すごく綺麗で落ち着いた雰囲気でした。

あんな家に、すんでみたいと思ったんですけど
ミステリーの舞台にもぴったりな雰囲気だったので、ちょっとそれも怖いと思いました。

バラ園はまだ開花には早くて、今はちょうど見ごろだと思います。

鎌倉のお茶文化

先日、県立歴史博物館に行ってきました。

特別展として、「中世東国の茶 -武家の都鎌倉における茶の文化-」をやっていました。

千利休が有名ですけれども、その前のお茶文化についての展示だそうです。

5章に分かれて展示されていました。
「中世東国の喫茶文化のひろがり」
「茶の生産と調達」
「作法と儀礼」
「儀礼の飲み物から遊戯と社交の飲み物へ」
「日常生活の中の喫茶文化」

お茶といえば京の都ですが、鎌倉幕府は発展するにつれて、煎茶と抹茶を受け入れることになります。

そして鎌倉での生産が始まり、茶器なども贈答に使われるようになります。

それからだんだん、庶民の間に広がっていく、といったストーリー。

茶筅がおいてありましたけれど、昔の茶筅は、先が丸まってなかったそうですよ。

京都も鎌倉も好きなので、楽しめました。

台湾にいったときもお茶は美味しかったし、もしかしたら好きかもしれません、お茶。

ゴールデンウィーク

今日からゴールデンウィークになりました。

今年はあんまりヒマではないけれども

博物館とか、行ってみたいと思ってます。

気温も上がってきているので

体調管理には、気をつけたいですね。

ランニングしてみた

ランニング。

運動不足の解消に、ストレス解消に、やってみました。

もともと好きだったんですけど、足を怪我してからは全然。

どうせならダイエットもしたいと思って、効果的な方法を調べてみました。

結果は、うーん、諸説紛々でした。

でも、経験からいうと、あんまり長時間走り続けるよりも

40分程度を毎日続けるほうが、効果的だった気がします。

効果がありすぎて、太れなくなって、本気で悩んだこともあるほど。

エネルギーが良く使われるのが、最初の2, 30分というのが、しっくりきました。

2日に1回、できればいいなと思います。

とても体の調子は良くなりました。
プロフィール

くろすけ

Author:くろすけ
くろすけっていいます。

静かなところが好き
図書館や本屋が好き
喫茶店が好き

語学に興味があります。

でも人付き合いは苦手。
にぎやかな生活に憧れた。
けど、ダメだった26歳です。

仕事は子供とかかわる関係。
湘南で、静かに生きてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2投票
無料アクセス解析
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。